【ケージやトイレ】犬の多頭飼いで、初日に必要なグッズまとめ

多頭飼いで必要なもの 犬との生活

2匹目の犬を迎え入れることが決まった。

あるいは、「お試し期間」で、2匹目の犬がやってくることになった。

そんなとき、何を準備しておけば良いでしょうか。

元々2匹の犬と暮らしていて、3匹目を迎え入れたときの私自身の体験談から、多頭飼いで必要だったものを紹介します。

スポンサーリンク

犬を迎え入れた初日に必要なもの

エサ皿は、それぞれ犬専用に

犬と暮らすには、たとえ一匹でも、いろいろなものが必要です。

ただ最初から全部を揃えなくても大丈夫。

飼い主の好みもありますし、犬との相性も大事です。

たとえばグルーミングやトイレトレーニングなどしつけ用品は、犬それぞれに「合う・合わない」があります。

様子を見ながらの準備で、十分に間に合います。

犬を飼いはじめるとき、「これだけは必要」リスト

  • サークル
  • クレート(ハウス)
  • トイレトレー・ペットシーツ
  • 給水器
  • エサ皿
  • フード
  • おもちゃ
  • 首輪・リード

ただ、2匹目・3匹目となると、必ずしも全部は必要なかったです。

新入り犬のために用意が必要なモノ

先住犬と共有できるモノ

我が家の場合は、こんな感じで落ち着きました。

新入り犬のために、新しく用意したモノ

おもちゃは、新入り犬だけでなく、先住犬にも
  • エサ皿
  • 首輪・リード
  • おもちゃ・おやつ
  • トイレトレー

エサ皿は、まあ、当たり前でしょう。

中華料理のように、「大皿から各自ご自由に」なんて、犬たちは無理です。

新入り犬の体格に合わせたサイズのエサ皿を新調しました。

首輪・リードは、お散歩の準備用のためだけではありません。

急に動物病院を受診する場合も、首輪とリードがあると安心なのです。

待合室ではクレート(ハウス)で過ごしても、先生と会うのは診察台の上です。

犬の身体を支えたり、保定(押さえる)ときに、首輪+リードがあると、かなり楽です。

おもちゃ・おやつは、新入り犬だけでなく、先住犬のものも必要です。

新しく買って来たら、みんなに渡さないと、ケンカになります。

もしくは、貰えなかった犬が、目に見えてがっかりします。

トイレトレーについては、1匹につきワイドサイズを2枚ずつ用意しました。

我が家は3匹ですから、計6枚。

トイレスペースだけで、1畳以上の広さです。

犬の性格によっては、「他の犬が排泄した場所は使いたくない」そうです。

我が家では、「ぼたん」にちょっとその傾向がありますね。

お気に入りのトイレトレーがあって、そこばかり使います。

他の二匹が先におしっこをつけると、その場所を避けたりします(結果、トレーからはみ出す)。

ひとり暮らしでの多頭飼いは、日中のお留守番も長いです。

そこを見越して、トイレトレーは、多めに設置しています。

用意はしたけど、先住犬と共有で良かったもの

先住犬2匹(クロ・茶々)が子どもの頃。ベッドを用意しても、結局2匹でひとつしか使わない
  • 給水器
  • クレート(ハウス)
  • サークル
  • ベッド

給水器は、最初は3匹分を用意したのです。

ですが、結局みんな同じ場所から水を飲むのです。

設置する場所を変えても同じ。

今は、ひとつだけです。

ちなみに小型犬3匹で、500mlペットボトル一本、これが一日分です。

クレート(ハウス)・サークル・ベッドは、それぞれ用意しましたが、今となっては共有しています。

ただしこれは、リビングで放し飼いをしているからでしょう。

クレートやサークル、ベッド以外に、自分たちが好みの場所を見つけ、そこで過ごしています。

とても便利だったもの

自立して、出入り口が開閉できるペット用ゲート

絶対に必要とは言えませんが、とても便利だったのは、ペット用のゲートです。

犬が噛んでもボロボロにならず、自立するのでどこでも置けます。

これが、とっても重宝しました。

犬たちが慣れるまでは、引き離した方がいいシチュエーションって、何度もありました。

じゃれ合いがケンカに発展したとき

新入り犬がしつこくて、先住犬が疲れちゃったとき

先住犬が食べ終わった横で、新入り犬がゆっくりフードを味わっているとき

ひとり暮らしなので、人間は自分だけ。

手は二本しかありません。

足を動員したって、興奮する3匹の犬たちが相手では、太刀打ちできないです。

そんなとき、ペット用ゲートをサッと置けば、物理的に空間を分離できますからね。

私は、犬を抑えることなく、必要なフォローに専念できるというわけです。

100円均一のワイヤーネットで自作できますが、犬が噛むと、金属が溶けだしそうでちょっと不安です。

ペット用ゲートは、リサイクルショップでもよく見かけますから、多頭飼いを始めたころだけでも、割り切って手に入れることがお勧めです。

どうせすぐボロボロになりますから。

最初はしっかり準備し、いらないものを省く

いかがでしたか?

犬の多頭飼いを始めるには、新たに準備するモノもいろいろあります。

  • エサ皿や首輪・リードなど、専用のものを犬ごとに準備
  • 給水器・トイレトレー・クレート・ベッドなど、犬の性格によっては共有できるモノ
  • おもちゃ・おやつなど、与えるなら全部の犬に必要なモノ
  • ペット用ゲートなど、あればすごく便利なモノ

我が家では、最初に準備したものの、最終的には必要ないものも、けっこうありました。

給水器を犬たちが共有するとは思わなかったです。

ただ犬たちにも個性がありますから、共有するかどうかは、未知数です。

もし多頭飼いをお考えであれば、まずはしっかり準備しましょう。

「足りないものはない」とわかっていると、犬たちを迎え入れた後、心穏やかに過ごしやすかったです(飼い主が)。

もし、犬の多頭飼いにご興味があるなら、こちらもぜひ。

ウチのクロ・茶々・ぼたんの話です。