ぼたんの避妊②

犬との生活

こんにちは、しゅりです。
ぼたんの避妊話の続きです

初回受診から約1週間後、3月後半の連休初日に再来院。
個々の病院は、避妊手術は1泊入院となります。
それほど待たずに呼ばれ、「じゃあ、お預かりしますね~(o^∇^o)ノ」
って、先生!! あっけなくてびっくりしました(゚ロ゚;)エェッ!?

くろと茶々の時は、順番を待って採血検査して、その結果を待つまで1時間待って・・・とひたすら待ちました。

でも今回は、手術が終わるまでは、すぐに病院に来れるところにいてくださいΣヾ( ̄0 ̄;ノと言われ、喫茶店で待機です。
こんなもんですか。。。。

ま、予定手術ですし、そんなもんかもしれません。
とかなんとか考えつつ、その日は帰宅しました。ぼたんは一泊の入院です。

さて、翌日。
午前中にお迎えへ(‘▽’*)ニパッ♪
元気かな、怖がってないかな、といろいろ心配しましたが、普通でした(・∀・)

何ともなかったよ~と獣医さんに太鼓判を押されて帰宅。
抗生物質など内服薬はなく、朝ごはんももりもり食べたそうで。
残存乳歯も無事に抜歯。

それから2日有休+土日休みでずっと様子を見ましたが、特に変わりなく経過しました。
エリザベスウェアも、最初は戸惑っていましたが、すぐに慣れたようです(*’-‘*)
茶々が、自分も着たいヽ(#`Д´)ノと大騒ぎしてペアルックにした以外は、静かなものでした。

傷は3cm弱、写真を撮っておけば良かった。くろや茶々の手術痕の半分くらいです。
10日後の再受診で抜糸しておしまいです(´∀`*)。

★★★★★

文中で触れましたが、手術後の創部保護には、3匹ともエリザベスウェアを使いました。首周りに取り付けるエリザベルカラーと違って、行動の自由度が段違いですね。手術した犬以外からのいたずら予防にもなると思います。

では。

タイトルとURLをコピーしました