【タカハシさんの話】

あいまいな話

タカハシさん(仮名)の話をします。

 

総合病院に勤めていたころ、10年近く前のことです。

 

色白で、

たれ目で、

化粧をしなくても、

ふんわりとキレイな人でした。

 

婦人科系のがんで入院していましたが、

重度の糖尿病が発覚し、

術前コントロールで内科に来た患者さんです。

 

※糖尿病は血管をもろくするので、

血糖値が安定しないと、手術が難しいのです。

 

さて。

糖尿病が進行すると、

感覚障害が出ます。

 

痛みも、触覚もわからなくなるのです。

足先が壊死(腐ってくる)しても、

患者さんは「痛くない」なんてこともあります。

 

タカハシさんも、

感覚障害でして、

 

あるとき膀胱が破裂したときも、

 

身体の中で、何かがバンッてはじけたけど、

全然痛くなかったわ~(*’▽’)

 

豪快に笑った、こんな人です。

 

退院支援でご自宅にお伺いすれば、

床からキノコが生えていました。

 

ご夫婦で事業をたたんで、

借金まみれで、

債務整理もしました。

 

ダンナさんは行方不明になり、

 

ひとり息子は、

絵にかいたようなぼんくら ぼんやりさんで、

働いたり、働いてなかったりでした。

 

2年余りで生活が激変したはずですが、

 

でも、タカハシさんは、

タカハシさんでした。

 

にこっと笑って入院して、

やれやれだわ~(*’▽’)と言って退院していきました。

 
 

あのね、

 

最後の入院のとき、

タカハシさんが言いました。

 

あなたは想像もつかないかもしれないけど、

40代はすぐだし、

がんにだって、なるよ

   

タカハシさんは、50代半ばでしょ(@_@)

当時30代になったばかりの私は言い返しました。

 

あはは、

40代に見えるかと思って~(*^▽^*)

 

タカハシさんは笑ってましたね。

 

この入院中に、大学病院へ転院して、

タカハシさんとは、

それきりです。

 

すぐだよ~と言われた40代ですが、

ホントにすぐでした。

 

自分に残っている時間だって、

無限じゃない、と思うのです。

タイトルとURLをコピーしました