【途中でやめたらもったいない】??

あいまいな話

こんにちは。

 

映画館には、ほろ苦い経験があります。

 

学生時代までは、

映画館にもときどき行っていました。

 

あの頃は、今よりも財布の中身はスカスカでしたから、

映画館の1800円(当時)は、

けっこう痛い出費でした。

 

そうすると、どうなるか。

 

始まった映画がおもしろくない、

思い描いていたものと違っても、

終わりまで、席を立つことができないのです。

 

1800円だから

 

もう観はじめたから

 

途中まで観ちゃったから

 

ここで席を立つのは、

もったいない(+o+)

 

で、結果として、

爆睡しちゃうのです。

 

無理な態勢ですから、

腰が痛くなり、

 

空調が効いていますから、

のどが痛くなり、

 

しかも、映画の内容も覚えていない。

 

何をしに行ったんでしょうね。

こんなことが、ときどきありました。

 
スポンサーリンク

でも、あるとき・・・

 

その日は、どうしてもトイレに行きたくなり、

映画は始まっていましたが、

外に出たのです。

 

また戻るつもりでしたが、

ふと、ロビーに座りました。

 

バッグに文庫本があり、

それを読み始めたら、

 

存外におもしろくて、

そのうちに映画は終わってしまったのです。

 

1800円を無駄にしたわけですが、

全然、損した気分じゃない(*^▽^*)

 

例によって、

好みではない映画でしたから、

文庫本の中身の方が、

私にとっては関心事だった、と。

 

1800円のために退屈でもじっとしている、のか、

 

1800円払って、映画と文庫本のどっちも選べるようにした、とみるか。

 

私は、後者の方が性に合うようです。

タイトルとURLをコピーしました