【家事ハラスメント】いやいや、同じ目線で楽しくやりたいんです

あいまいな話

こんにちは、しゅりです。

 

基本的には一人暮らしですが、毎週末にかけて彼くん泊まりに来るようになりました。

滞在時間が長くなればなるほど、家事とかち合うことが増えてきます。

 

となると、やっぱり、家事を分担したいな~と感じるのです(#^.^#)

 
スポンサーリンク

家事を分かち合いたい、けれど

 

少し前に「家事ハラスメント」という言葉が話題になりました。

 

ふたつ意味があって、ひとつめは、女性だけに家事を押し付けること。

そしてふたつめは、カップルの家事をしない方(だいたいは夫や彼氏)が家事をしようとすると、妻や彼女が細かく駄目だし・批判すること、でした。

 

わかりやすい記事がありますね↓

家事ハラスメントとは?夫婦間で「家事ハラ」を生み出さないようにするために | 家事代行・家政婦の比較ならカジフル
「家事ハラスメント」という言葉を聞いたことがありますか?和光大学教授の竹信三恵子氏の作った「家事労働ハラスメント」という言葉が元となり、家事労働を無償で女性に押し付ける社会の行為を指しています。しかし、それとは別に、夫が家事をする際、妻が強いダメ出しをする行為も、同じく「家事ハラスメント」と呼ばれることも。今回は、家事...
 

パートナーから「家事を手伝おうか」と言われても、正直あんまりうれしくありません。

それよりも、「家事の効率化について」「家事の新しい方法について」対等に意見交換したいんですよね。

 

家事をしないで育ったひとに教える

 

ざっくばらんに言うと、彼くんの話です。

 

生まれてからずっと実家暮らしです。

専業主婦のお母さんが、ぜ~んぶやってくれていたそうで。

 

もうすぐ40代ですが、洗濯機を自分で回したことがなかったのです。

料理や掃除、皿洗いくらいは、やったことがあるな~って程度です。

 

そんな彼くん、家事のあれこれを覚えてくれようとしているのです。

ホントありがたいと思います。

 

とは言え、すぐには出来ず

 

元々家事に興味を持っている人だったようで、これは助かりました。

無関心だったり、「女がやればいいじゃん」の部類だったら、興味を持つようにするのは、吐くほど大変ですもんね。

 

ただ、当たり前ですが、最初からはちゃんとできないわけです。

 

例えば、お皿洗い。

油汚れが落とし切れていないのです。

 

「指でこすって、キュキュッと音がするまで」というのが、思いつかないようですね。

 

ハンバーグを焼いた後のフライパン、次にお湯を沸かそうとしたら、スパゲティナポリタンの香りがしましたw

つまり、汚れが残っているんですね。

 

あぁ、こういうのがイラっとするんだったな、と過去の結婚生活を思い出しました。

「皿洗い」したのに、なぜ汚れが残っているんだ?と。

自分でやった方がよっぽど早いし!って。

 

今回は、過去の私とは違う

 

以前なら、イラっとして「洗えてないけど?」と言うこともありました。

もしくは、「もうやらなくていいから」とか。

 

あぁ、これってまさしく「家事ハラスメント」でしたね。

具体的に説明することなく、感情的・ぶっきらぼうに遮断してました。

 

で、今回は、特に感情は入れず、さらっと言いましたよ。

 

「指でこすって、キュキュって音がしたら、洗えた合図だよ(*’▽’)」

 

そっか~(#^^#) と、彼くん

 

あれっ?

っていうくらい、あっけなく解決です。

 

もちろん彼くんの温厚な性格も関係しているでしょう。

 

でも私も、「それぐらい察して動いて(やって)よ」という態度を止めたのが良かったのかなって。

 

知識や経験の蓄積がないなら、シンプルに説明した方が効率良いですもんね。

職場ではそうですし。

 

なぜ家庭では、変に意地張ったり、「察してちゃん」になっちゃうんでしょうね。

部下や後輩には、冷静にシンプルに教えようと工夫できるのになー。

 
タイトルとURLをコピーしました