足るを知る人

話題

こんにちは。

 

以前勤務していた病院で、

出会った患者さんの話です。

 

彼女は、Aさんとします。

 

Aさんと、亡くなった旦那さんは、

建築会社を経営していました。

地元でも有名な、羽振りのイイご家庭だったのです。

 

ちなみに、その地域では、

「財閥」って呼ばれていましたっけ。

 

北海道の北の港町で、

昭和のお金持ちを体現するような、

大豪邸に住んでいたそうです。

 

でも私が出会った頃は、もう廃業されていて、

小さなマンションに住んでおられました。

 

退院の準備のために、

Aさんのお家にお伺いしたときのことです。

 

お部屋、モノがなかったです。

すっきり、がらん。

 

必要な家具はあります。

 

だけど、本当に最小限。

ソファーはなくて、ひとり用のこたつ椅子。

 

お年寄りのお家にありがちな、

大型の食器棚や壁の飾り物もないので、

手すりを付け放題・置き放題でした。

 

もう15年くらい前のことです。

 

そのときは、へぇ~と思っただけですが、

Aさんは、ミニマリストだったんでしょうね。

 

それも、自分で意識して変化した方でした。

 
スポンサーリンク

Aさんは、こんなふうに言っていました。

 

主人はもう亡くなったし、

子どもは所帯を持ったし、

大きな家は、分不相応なの。

 

掃除するだけで、一日終わるから、

掃除婦の生活になるよ。

それも、タダでね。

それ、バカみたいでしょ。

 

服も、靴も、ハンカチも、

いっぱい手放したんだからぁ(*^▽^*)

 

そのときは、お金持ちなのに変わってるな、

へぇ~と思っただけでしたが、

今は、その方のかっこよさがわかるようになりました。

 

Aさんは、足を骨折して、

これからは歩行器が必要だったはず。

 

でも、その歩行器がすんなり使えたのは、

家具が少なくて、空間がたっぷりあったから。

 

物だらけのご家庭だと、

身体が不自由になって帰れないってこと、

ホントよくあります。

 

歩行器も、車椅子も、場所を取りますからね。

それが自宅で使えなくて、

施設に行くという選択は、

けっこうよくある話です。

 

Aさんは、結局のところ、

家に帰ることも、

施設に行くことも、

どちらの選択肢も持っていたのでした。

 

無性に、Aさんに会いたいです。

 
タイトルとURLをコピーしました