【断捨離】自分のことがわからないから

断捨離

こんにちは。

 

興味はあっても、なかなか重い腰が上がらず、

意識して断捨離を始めたのは、

ここ2~3年です。

 

どなたの言葉だったか失念してしまいましたが、

断捨離って、

自分の過去の向き合うことなんですね。

 

私の場合、

だいたいは、失敗した買い物の歴史ですけど(*’▽’)

 

失敗と直面するのは、正直しんどいときもあります。

でもやめられないのは、

うまいこと変われた自分も見えるからかなと思います。

 

例えば、ピアス。

20代の頃は、100ペアくらい持っていたはず。

 

デザインとか、材質とか、

良さそうなものを見つけたら、

とりあえず買ってコレクションしていましたっけ。

 

金属アレルギーがあるので、

つけてみないとわかんないもん、というわけです。

 

今は、数えたら、5ペア。

医療用ステンレスのピアスショップで、

失くしたら、ひとつ買うで落ち着きました。

 

振り返ると、なんで?って感じなのですが、

外出時は、ピアスをしないと、かっこ悪いと思っていたんですね。

 

失くしたら大変だから、

たくさん在庫をキープしたい。

 

そして、

とりあえず何でもいいから、

耳につけておきたい。

 

好きなピアスをつけることが楽しいのに、ね?

誰の目線を気にしていたんでしょう。

 

断捨離って、

そんな「誰の目線?」っていうこだわりとか、しがらみとか、

手放していく手段だな、と思います。

タイトルとURLをコピーしました