【断捨離】捨てられないのは、服というよりも

断捨離

こんにちは。

 

断捨離の本やブログを見ていると、

モノが捨てられないのは、

それにまつわる過去に捉われているから、

という話を目にします。

 

まさに、それ!

といった感じで、

何となく処分できなかったものがありました。

 

これです↓

 

この緑のパーカーは、

高校時代にスノボーウェアとして使っていたもの。

 

厚手で、肌触りは良いのですが、

首回りが詰まっていて、

ちょっと窮屈なのです。

 

それこそ、雪山なら、

寒さを防いでちょうどよいってことです。

 

高校を卒業して、早20年以上ですが、

5回も着たかどうか、です。

 

もうひとつは、サッカーのユニフォーム。

ぼかしましたが、

大学名と自分の名前が入っています。

 

当時サッカー部のマネージャーをしておりまして、

最初の夫も部員だったのです。

 

本当に月並みですが、

やっぱり思い出いっぱい、なわけです。

 

でも。

今後はスノーボードに行く予定なし。

最初の夫との復縁も、まずないでしょう。

 

つまり、この服を着て、

盛り上がれる相手など、

もういないのです。

 

あぁ、そういうことか、と思いました。

 
スポンサーリンク

手放したくないモノは・・・

 

捨てられない理由は、

「楽しかった過去」を捨てられない、

ではなくて、

その過去を共有できる相手がもういないこと、

それを認めるのがしんどい

だったんですね。

 

断捨離って、

何だか切ないものなんですね。

 

保留にしておきたかった事実のような、

でも、

わかって良かったような、

今は複雑な気分になりました。

 

でも、

自分の深層心理に新しい発見をした、ということで、

パーカーも思い出ユニフォームも、

今回はすっきり処分できましたよ。

 

またひとつ、身軽になりました。

タイトルとURLをコピーしました