バニラ水と言えば、村上春樹

美味しいもの

レンタルなんもしない人のドラマで、

こんなエピソードがあります。

レンタル何もしない人は、

あるとき、

メロンソーダマニアの人に会います。

喫茶店で注文する、

バニラアイスが乗った、

あのメロンソーダです。

そのマニアの人は、

メロンソーダが大好きだけど、

喫茶店で、ひとりでは頼めないひとで、

だから、

レンタル何もしないひとに付き合ってもらったのでした。

で、そのマニアのひとが言うのです。

メロンソーダの中の氷は、

縁の下の力持ちなんだ。

氷があるから、

アイスが沈まないんだ。

レンタルなんもしない人 1/レンタルなんもしない人/プクプク【合計3000円以上で送料無料】

みなさんはご存じでしたか。

これ、本当でした(@_@)

スポンサーリンク

大人チャレンジのつもりが

で、先日、

メロンソーダ(フロート)をやってみたのです。

アイスは、

オトナの財力で、

ハーゲンダッツ(*^▽^*)

メロンソーダは見つからなくて、

ガラナソーダ。

氷は切らしていたので、

ナシ。

で、アイスを投入したところ、

噴火しました( ゚Д゚)

こうなるはずが・・・

こうです((+_+))

グラスを少しでも揺らしたり、

スプーンでアイスを触ろうものなら、

もう、

どんどん、どんどん

アイスはなくなっていきます。

で、

バニラアイス風味の炭酸水となったのでした。

いや、

濃いめのミルク風味の「なにか」って感じです。

あ~あ。

これは、バニラ水では?

村上春樹の紀行文、雨天炎天にこんな一文があります。

次なる目的地カラカル修道院までは1時間ほどの楽な道のりである。

(中略)

カラカルではコーヒーとバニラ水が出てくる。バニラ水というのは、グラスの水の中にごぼっとバニラの塊りを入れたものである。バニラが水に溶けて甘くなっている。まず水を飲み、それからスプーンでバニラをすくって食べる。これはもうとにかくべらぼうに甘い。僕にはとても手がでない。蜂が匂いを嗅ぎつけて飛んできて、グラスの縁にとまってぺろぺろと水を舐める。それくらい甘いのだ。(pp44)

雨天炎天 ギリシャ・トルコ辺境紀行 (新潮文庫) [ 村上 春樹 ]

1980年代後半、

村上春樹とカメラマン、編集者の3人で、

ギリシャ正教の聖地、アトス半島に訪れたときの話です。

修道院と、そこでの生活を見てみたいという

2泊3日の滞在でした。

(アクシデントにより、結果としては4泊5日)

修道院では、来訪者へ喫茶を提供する仕組みがあり、

通常は、

ウゾー(ギリシャのお酒)ルクミ(ゼリー菓子)、ギリシャコーヒーが出てくるのですが、

カラカルの修道院では、バニラ水が供されたのです。

こんな感じ、だったのかな。

実験は失敗でしたが、

期せず、村上春樹を思い出したりして、

ワルくない一日でした(*’▽’)

タイトルとURLをコピーしました