【とっくりセーター】なんて死語ですよね

断捨離
購入して、20年弱でした

こんにちは、しゅりです。
毎日ひとつ捨て運動は、細々と続行中。
お洋服も、だいぶ少なくなりました。

毛玉の出たもの、色あせしたものは、簡単に捨てられるのです。
断捨離・ミニマリスト界隈でよく聞く話ですね。

問題は、すっごく傷んでいるわけではない服。

とても着心地に問題があるわけではないけど、頻繁には着ない服。

そして、どちらについても、自分が着るなら良いけれど、リサイクルショップでは買い取り対象にならないだろうなというレベルの服。
これが困るのです。゜゜(´□`。)°゜。

こういった服って、他人様に差し上げるのも失礼になりそうで、気が引けます。

それで、写真のニットなんです。

高校卒業の年に買いましたから、もう20年近く手元にありました。
大学生~20代は活躍していましたが、ここ10年はさっぱりご無沙汰。

アムラー世代ですから、このニットにバーバリーのミニスカートをコーディネートしたくて買ったのです。
ま、結局は気恥ずかしくて、ジーンズのタイトスカートや、バーバリー以外のプリーツスカートを合わせていましたっけ。安室奈美恵は、バーバリーのスカートでしたよね?

要は、使い勝手が良かった思い出があって、なかなか手放せなかったのです。

ですが、やっぱり20年ものの服は、もう寿命ですね(量産品の話ですよ)。

ハンガーにかけてあるときは感じませんでしたが、胸元の生地が薄くなっていました。
着てみると、はっきりわかります。

そして、七分丈の袖。
今の生活には、合わなくなっていました。
夏に着るには暑いし(冬用ニット)、秋冬に着るには寒い(手首まで袖がほしい)。

そんなこんなで、さようなら、としました。

そうそう、タートルネックのこと、とっくりセーターと言いますよね?
職場で、60歳代の職員しか知りませんでした。
そんな死語なんでしょうか、ね。゜゜(´□`。)°゜。

タイトルとURLをコピーしました