【犬も春の憂いですか】受診しました【血液混じりの粘液便②】

犬との生活

こんにちは、しゅりです。

茶々がおなかを壊しまして、病院を受診した話の続きです。

【犬も春の憂いですか】おなかを壊しました【血液混じりの粘液便①】
こんにちは、しゅりです。先日、犬たちのおなかが不調なことを話題にしました。その後、一旦は快調に戻ったのです。ところが、今度は茶々がおなかを壊しました。受診騒ぎになりま...
 

血液混じりの粘液便は、割りばしですくい上げて、ラップで包んで持参しましたよ!

移動については、父が車を出してくれたので、私が抱いていきました。

ま、本人は神妙な顔つきでじっとしていましたが、これはいつものことです。

 
スポンサーリンク

いざ、受診です

 

診察台に上がった茶々は、いつも借りてきた猫のようにおしとやかです。

先生にも、看護師さんにも、鼻先でつついてぺろぺろ舐めて、全く吠えませんね。

 

体重を測って(6kgちょっと)、触診です。

なんと、発熱していました((+_+))

 

次に自宅で採取した便を渡して、さらに耳かきのような器具で摘便です。

これは、検査へと回収されました。

 

結論

おなか壊しちゃったんだね。

春はけっこう多いよ(*^▽^*)

でした。  

便の検査の結果、寄生虫を含めて大きな病気を疑う所見なし。

ただ乳酸菌などの善玉菌の動きも悪いそうで、整腸剤の処方です。

 

それと、発熱と下痢はすぐに体力を消耗するから、と解熱剤と下痢止め。

解熱剤は飲み切り止めですが、整腸剤と下痢止めは症状が治まれば終了して良い、と言われて終了です。

 

費用:4510円

内訳:初診料1000円、内服薬(3種類・5日分)2600円、便検査500円、消費税410円

処方薬:

ビオイムバスター(整腸剤):1日2回で1錠ずつ

ディアバスター(下痢止め):1日2回で2錠ずつ

プレビコックス(解熱剤):1日1回で1片ずつ

 

何が原因だったかな

 

おなかの症状は、受診後に一夜明けたら、もう改善です。

立派なうんちが出て、おなかのキュルキュル音は聞こえません。

 

それで考えているのです。

何が原因だったのでしょう((+_+))

 

・気温が下がった日の散歩で、おなかが冷えた。

・何かのストレス。

・ふきのとう・・・?

 

そうなんです。

ここ何回かの散歩で、茶々がふきのとうにアタックするのです。

 

たぶん食べちゃっていますね(。-_-。)

一応食用ですが、普段は食べつけていません。

原因不明のおなか下し、もしかしたら、ふきのとうが原因かもしれないなと警戒中です。

 
タイトルとURLをコピーしました