犬の多頭飼いでお留守番するとき、必要な準備や対策まとめ

犬の多頭飼いでお留守番対策 犬との生活

ひとり暮らしで、犬を飼っていると、お留守番はどうしても長時間になります。

その間、飼い主の私にとって心配なことと言えば、

  • トイレ
  • いたずら
  • 室温の管理

でした。

一匹ならまだしも、我が家は犬3匹の多頭飼いです。

性格も違うし、興味も微妙にバラバラです。

おとなしく寝ている時間もありますが、激しくじゃれあったり、運動会のように駆け回るときもあります。

飼い主としても、ちょっとした工夫が必要だったのです。

そこで今回は、小型犬で多頭飼いをするために、私がお留守番対策にやっていることを紹介します。

スポンサーリンク

トイレの対策

トイレの場所を覚えさせる

我が家はリビングルームで放し飼いですが、トイレの場所はしっかり決めています。

部屋の隅をサークルで囲い、トイレトレーを設置。

そこで排泄するように、3匹をしつけました。

方法はシンプルです。

  • トイレで排泄したら、おやつを一粒
  • 明るい声で、華やかにほめる

これを毎回繰り返しました。

トイレの場所で排泄すれば、イイことがあると覚えさせるわけです。

トイレトレーは複数を設置

我が家のトイレスペース

犬の性格によっては、自分専用のトイレにこだわると聞きます。

あるいは、まだ誰も排泄していない「きれいな場所」を選ぶ場合も。

ウチは、ぼたんにその傾向がありますね。

でもお留守番中は、排泄のたびにトイレシートを取り替えることができません。

そこで今は、ワイドサイズのトイレトレーを6枚使っています。

家具などへのいたずら

モノを置かない

特に子犬の頃は、家具の足やラグ、クッションなどに噛みついで、ボロボロにしたものです。

成犬になった今でも、飼い主の部屋着など、うっかり放置すると穴を開けられてしまいます。

「ダメ!」

そう声をかければ、くわえていたものを離しますが、お留守番中はそれは難しいです。

いたずらされて困るものは、床に放置しない

これが一番です。

なお、犬の鼻先が届く高さの棚も要注意。

簡単に引っ張り出されてしまいます。

誤飲を防止する

犬が家具などいたずらしたとき、心配なのは誤飲です。

彼らは、興味のあるものは

  • まず口に含んで噛む
  • そして、飲み込んでみる

そう決めているようです。

家具の破片は硬くて、消化管を傷つける恐れがあります。

ウチのクロは、おもちゃの破片を飲み込んで、吐血したことがあるのです。

また、観葉植物の葉っぱやチョコレートなど、犬にとって有毒なものもあります。

人間が食べても大丈夫だったとしても、中毒症状を起こす食べ物は、けっこうあります。

チョコレートだけでなく、歯みがき粉(人間用)や玉ねぎなども有名ですね。

人間用のサプリメントや飲み薬は、もってのほかです。

使ったものはすぐ片付けて、部屋をキレイにしておくことが、本当に大切です。

熱中症を予防する室温管理

寒さに弱い茶々

犬は暑さ・寒さに案外弱い

犬も、熱中症になります。

生まれたときから室内で暮らす犬たちは、暑さ・寒さに弱いんだそうです。

犬種によって差はありますが、小型犬は特に注意が必要です。

内臓も体表面積も小さいですからね。

しかも、人間に比べて汗腺が非常に少なく、汗をほとんどかきません。

消化できる暑さは限られるのです。

また寒さにも注意が必要です。

ウチの場合は、茶々が特に弱い。

毛足が短いからでしょうか、すぐにおなかを壊します。

冷房・暖房は適切に

夏ならば26℃、冬ならば18℃を目安に室温を調整しています(北海道です)。

お留守番中のクーラーやストーブに使う光熱費は、必要経費と割り切っています。

またストーブについては、犬に触れないよう、ストーブ柵などを設置しましょう。

犬自身が加減できる工夫

キッチンの床で涼をとるクロ

夏のクーラーにしても、冬のストーブにしても、完璧な温度管理は難しいです。

多頭飼いの場合は、暑がり・寒がりの基準は犬それぞれですから。

なので、犬自身が調節できるような工夫もしています。

  • 犬がくるまれるように、毛布を置く
  • フローリングの床など、ひんやりスペースを作る

毛布は、かみついでもバラバラになりにくいもの、中綿のないものを選んでいます。

綿を大量に飲み込むと、腸に詰まる恐れがあるからです。

また、リビングの床全体にはタイルカーペットを敷いていますが(滑らないように)、地続きのキッチンの床はフローリングのまま。

多少気温が上がっても、ひんやりと冷たいのです。

寒がりの茶々は、毛布にくるまっていることが多いですが、暑がりのクロとぼたんは、フローリングでゴロゴロしているようです。

多頭飼いで、長めのお留守番も乗り切ろう

長時間のお留守番で、犬がさみしい思いをしないように

これが多頭飼いする理由のひとつです。

飼い主が「おひとりさま」でいるなら、お留守番の時間が長いのは避けられません。

  • トイレの工夫
  • 家具のいたずらと誤飲防止
  • 室温の管理

こういった対策で、何とか平穏に過ごす毎日です。

もし、犬の多頭飼いにご興味があるなら、こちらもぜひ。

ウチのクロ・茶々・ぼたんの話です。