【犬の居場所】お留守番のときは、ケージ?それとも放し飼い?

犬をお留守番させる場所 犬との生活

ひとり暮らしで犬を多頭飼いするとき、まず心配なのは、日中のお留守番です。

飼い主が仕事に行けば、家は無人。

犬たちだけの時間です。

それも、けっこうな長時間です。

私の場合は、繁忙期だと勤務時間が15時間近くなったこともあります。

もっとも現在では転職したので、通常の不在時間は9時間前後でしょうか。

「おひとりさま」と犬たちで暮らす以上は、長時間のお留守番は避けられません。

では、犬たちだけで過ごすには、どんな居場所が良いのでしょうか。

今回は、私自身が工夫していることをご紹介します。

スポンサーリンク

お留守番の長さに合わせた居場所

犬は妙な場所を気にいるときがあります

お留守番とひとことで言っても、短いものから10時間超えまでイロイロです。

我が家の犬たちが子犬の頃から、様々に試行錯誤をしましたが、

犬自身が自分の気分で選べる

これが重要でした。

それをふまえて活用しているのは、こちらです。

  • クレートやケージ
  • サークル
  • リビングルーム(放し飼い)

順番にみてみましょう。

クレートやケージ

使い方

クレートは、基本的には犬1匹用。

ケージは、数匹が一緒に過ごせたり、トイレトレーを設置できる広さもあります。

入り口を閉めて、クレート・ケージ内だけで過ごす場合は、短時間のお留守番に向いています。

やはり狭くて、犬は全然動けませんからね。

せいぜいお昼寝をするしかないでしょう。

我が家の犬たちは、文句を言わないものの、ちょっと辛そうに見えまして、クレート・ケージだけで過ごすお留守番は、早々に卒業しました。

ただ、不安を感じたときなど、犬は狭いところに避難する習性があります。

いつでも逃げ込める安全地帯としての役割もあります。

ぼたんは、ケージの隅っこが割とお気に入り

なので、放し飼いをしている現在でも、我が家ではケージも部屋の隅に設置しています。

出入り口は開放していますから、犬たちの気分で、出たり入ったりしているようです。

注意すること

クレートを使用するときは、設置場所に注意が必要です。

クレートには、暑さ・寒さを遮断するほどの性能はありません。

しかも狭い空間なので、犬が態勢を変えたり、居場所をずらすなど、体温調整をすることは難しいです。

また窓や玄関ドアの近くなど、騒がしい場所も避けた方が無難です。

鼻だけでなく、聴覚もするどい犬ですから、音の刺激にも敏感です。

賑やかすぎる場所では(しかも飼い主も不在の留守番中)、気持ちが休まるヒマがないのです。

サークル

使い方

ケージよりももっと広く、トイレや寝床をきっちり分けて設置することができます。

リビングルームの一角をサークルで区切り、犬専用スペースとする例も多いでしょう。

私と犬たちの暮らしも、以前住んでいた貸家では、このサークルスタイルでした。

ただ、やっぱり狭いのです。

犬たちは少し歩いたり、ウーンと身体を伸ばすことはできますが、駆けっこはできません。

特に3匹いっしょとなると、小型犬とはいえ、大きめのサークル(3畳)でも狭く感じました。

ひとり暮らしで、お留守番も長い時間になります。

毎日お散歩に出かけたとしても、犬としての運動量は、足りないかも・・・。

トイレスペースを区切るためのサークル

そこで引っ越した先では、放し飼いにすることに決めたのです。

現在サークルは、トイレスペースを区切るために使っています。

注意すること

なお、サークルを使用する場合は、こんな工夫が必要です。

  • 犬が飛び越えられない高さにする
  • サークルの近くに引っ張り込めるようなモノを置かない
  • 壁とサークルを密着させない

サークルの高さが低いと、犬が脱走できます。

最悪なのは、脱走を試みて失敗し、宙ぶらりんになったり、身体の一部がひっかかってしまうことです。

その状態で長時間の放置となれば(何しろお留守番中です)、命だって危ないでしょう。

またサークルのすぐ近くに布モノや紙・書類、フードなどを置いたままにすると、犬がサークル内に引っ張り込んで、おもちゃにします。

そして、犬の鼻先が届く位置に壁があると、引っかいたり、歯で掘ってしまいます。

これは私も経験済みで、貸家を退去するときに弁償しました。

フリー(室内で放し飼い)

放し飼いは、犬が居場所を自分で選べる

やり方

家全体、フロア全体で放し飼いにするご家庭もありますが、一般的なのは「リビングでフリー」でしょう。

我が家も、リビングダイニング(キッチン含む)で、放し飼いをしています。

これは、お留守番中もそのままです。

犬たちは、体調や気分に合わせて、好きなところで過ごせるわけです。

ちなみにリビングの隅にはクレートを置き、一角をサークルで仕切って、トイレスペースとしています。

犬たちは部屋中を走り回っているときもあるし、2匹がぎゅうぎゅうになってクレート内で寝ているときもあります。

注意すること

室内で放し飼いするとき、一番心配なのは、

犬が異食すること

です。

  • 家具をかじって破片を飲み込む
  • ラグやクッションの切れはしや中綿を飲み込む
  • 電気コードをかじる
  • 植木を食べる

例を上げれば、キリがありません。

ということは、犬に食べさせたくないものは、最初から片付けておく。

必要なモノは最小限に、無駄なものは置かない。

これが、飼い主に必要とされます。

家族がいれば、彼らの協力も必要ですが、これはなかなか難易度が高い。

室内に犬を放し飼いするのは、「おひとりさま」こそ一番の近道かもしれませんね。

ひとり暮らしは、犬を放し飼いしやすい

夏は、風通しの良い場所を選んで過ごしています

私自身は、実は犬を放し飼いしたくて、現在の自宅に引っ越ししました。

小さいけれど戸建てで、1階はリビングダイニング(キッチン)のみ。

そこで3匹の犬たちを、お留守番中も放し飼いにしています。

危険なものを片付けたり、粗相をした場合の処理が大変など、飼い主側の手間はかかります。

でもそれ以上に、

犬が自由に過ごせること

これに価値があると考えています。

もし、犬の多頭飼いにご興味があるなら、こちらもぜひ。

ウチのクロ・茶々・ぼたんの話です。