【預金は目減り】お金を増やしたいなら

投資

こんにちは、しゅりです。

 

職場の用務員さんの話です。

病院には、ボイラーや電気設備、公用車の管理から、棚の手直し、雪かきまで、よろず何でもやってくれる課があるのです。

「管理科のおじさん」とか、「設備さん」と言われることもありますね。

 

で、その用務員さんですが、自衛隊の出身です。

 

職位にもよりますが、自衛隊の定年といえば55歳。

定年を迎えてから当院に再就職しているので、今は50代後半でしょうか。

 

初任給は、7万円だった(*’▽’)

と世間話の続きで教えてもらったのです。

 

自衛隊で官舎住まいですから、衣食住はほぼお金がかかりません。

でも、それにしても、7万円って(‘Д’)、ねぇ。

 

用務員さんいわく、

昭和50年くらいかな、でも他の仕事も、高卒ならそんなもんだった

しかも7万円からいろいろ引かれるから、数万円かな~、手元に残るのは(*’▽’)

 

昭和50年と言うと、ひどく昔のようには聞こえません。

40年ちょっと前ですか。

 

お金の価値の変化にくらくらしました。

ゆるやかに毎日が続くようで、ものすごいインフレだったんだなぁ、と。

※私の主観ですよ、もちろん。

 

実は、知人がいつも言うのです。

お金を銀行に預けていたら、目減りするだけ( 一一)

ちょっとの小銭でも投資にまわしたいんだよね~

 

つまり、こういうことなんですね。

例えば10万円を預金しても、40年後に引き出したら、同じ価値ではないよ、と。

 

今なら10万円で買えるものも、その時は20万円か、もっと必要になるかもしれません。

そうなってから10万円の預金があっても、ねえ、どうしようもないというわけです。

 

それならお金を増やすアクションを取る方が、私には性に合っています。

今年こそ、もう少し投資に力を入れようと思いましたよ(#^^#)

 
タイトルとURLをコピーしました