ゆきだるまのお家【暖房を切っても暖かいのか】という、実験

ゆきだるまのお家

基本的には、光熱費を節約しないで生活したいです。

特に冷暖房。

無駄遣いはイヤですが、我慢して着こむ or 汗だらだらで耐えるのはしないと決めています。

 

そうなんですけれども。

節約したい気持ちに襲われます。定期的に((+_+))

 

今回もそうです。

 

せっかく高断熱の家なんだし、もうマイナスの気温にならないし、暖房代を節約しようかな~(*’▽’)と、ふと思いつきました。

 

作戦はこうです。

 

・灯油暖房は切る(全館の温水暖房とストーブ)。

・朝と夜だけエアコンの暖房をつける。

・灯油代は現金精算ですが、電気代は楽天ポイントが貯まる。

 

元々、灯油ストーブについては、温水暖房もストーブも最低温度の設定でして、もう作動していないかもと思っていたのです。

そんなわけで1週間、チャレンジしましたよ(#^^#)

 
スポンサーリンク

結果は・・・

 

寒い(+o+)、です

 

外気温は、最低気温が2度前後で、最高気温は10度まで上がるかどうかくらい。

陽が差す時間は短くて、曇りや雨がちの天気が続いていました。

 

エアコンでしっかり暖めれば(24度設定)、寝る2時間くらい前に切っても(24度)、眠るころにはまだ22度くらい。楽勝かな(*’▽’)と思ったのです。

最初の1日や2日目までは。

 

3日・4日目となると、暖まるまでに時間がかかるようになりました。

 

居間はエアコンで暖まりますが、1階のトイレや玄関前、2階の床の冷たいこと!

居間でさえも、エアコンの温度設定より、体感温度が低く感じました。

足元や首筋がすうすうする感じです。

 

ちなみに温度計に現れる数値としては、エアコンだけでも、そんなに変化はありません。

でも、感触としては「寒い」「建物が芯から冷えた」。

 

住人としては、これで十分なデータです。

灯油ストーブ、復活です(*^▽^*)

 

細かい理由や仕組みはわかりませんが、「ゆきだるまのお家」は、灯油暖房システムあってこそ、魔法瓶のような温かさなんでしょうね。

参考になるとうれしいです。

 
タイトルとURLをコピーしました