それは、ホントは優しさじゃないと思う【自分に厳しく、他人に優しく】

あいまいな話

こんにちは。

 

自分に厳しいけど、他人には優しい。

かっこいいとは、

こういうことだと以前は思っていました。

 

看護師の中に、たまにいるのです。

これを実現しているひと。

すごいな~、とローモデルにしていたこともあります。

 

私の場合は、

自分を律すると、途端に「正しい教」の信者となって、

周囲のゆるさが気になり始めるのです。

 

正しい教

 

これは、なかなか危険です。

周囲のルール違反を指摘するのって、

一種の快楽だと思いますね。

 
スポンサーリンク

優しく見える = 優しいではないな、と

 

ところが、です。

社会人も長くなると、

わかってきたことがあります。

 

【自分に厳しく、他人に優しく】している人は、

大きく2種類。

 

・他人に興味がない(だから、叱責するのが面倒)

・正しい教に陥るけど、無理して「優しく」している

 

でも、無理していると、

その職場では、長く勤められないですね。

精神的に病んだり、

爆発しちゃったり。

 

なんだー(@_@)、です。

優しいとは、ちょっと違う感じ。

 

自分にとって「ちょうどよい」ラインがわかっていて、

その範囲内でごきげんに過ごす。

で、他人は他人。

 

これに切り替えてから、

ずいぶん楽になりました。

 

自分にも、他人にも「甘い」もイイ

 

ところで職場の室長は、

自分にも、他人にも甘いひとです。

 

甘いどころか、「大甘」ですね(#^^#)

 

上昇志向もあって、

経営にも興味津々で、

けっこう攻撃的なところもありますが、

他人のミスに甘いです。というか、すぐ忘れちゃう?

 

もちろん、自分にも甘くて、

いつもごきげんです。

 

私は、まだ、

ちょっと油断すると、

「正しい教」に入信しちゃいそうになります。

 

でも室長を見て、

はっと我に返ります。

かっこいいと思うひと、です。

タイトルとURLをコピーしました